LOADING

Type to search

トラム 交通機関 電車

Myki(マイキー)カード
(公共交通機関用ICカード)

Share
Tram_Melbourne

メルボルンで公共交通機関を利用するには、『Mykiカード』と言うICカードが必要になります。

地図上のみどりで囲まれた部分は、フリートラムゾーン。
停留所にも、”Free Tram Zone”のサインがあります。
この範囲内であれば、いつでも無料で乗降出来るので、マイキーカードは不要です。
でも、これ以外の場所へ行こうと思ったり、電車・バスへ乗ろうと思うと、
Myki(マイキー)カードと言うPasmoやSuicaのようなICカードが必要となります。

フリートラムゾーン

Mykiカード購入

Mykiカード

Mykiカードを購入できる場所は、限定されています。
駅の切符売り場、セブンイレブン、News Agency(新聞や雑誌が売られている文房具屋さんの様なお店)などの
小売店で購入できます。
お店にMykiのサインがあれば、Mykiカードの取扱店です。
Mykiの購入には、6ドルの手数料がかかります。
とりあえず10ドル分購入と思っても、なんと6ドルは手数料で取られ、その6ドルは返金されません..😢
現金でもクレジットカードでも購入可能です。

旅行者向けMykiパッケージ

旅行者には、”Myki Explore Pack“と言うカードが、15ドルで販売されています。(2019年現在)
パッケージには、
– 手数料6ドルと、9ドル分利用できるMyki
– メルボルンの16の施設で利用可能な割引クーポンと、路線地図
が含まれています。
割引クーポンは、ダンデノング丘陵の蒸気機関車”Puffing Billy”のほか、
アートセンター、美術館等で利用可能です。
購入場所が、サザンクロス駅、メルボルン空港、指定ホテルのみと限られているので、
事前に計画したほうが良さそうです。

Mykiについては、こちらのページで詳細をご確認ください。
https://static.ptv.vic.gov.au/siteassets/PTV/PTV%20docs/Languages/PTV_myki-basics-brochure_Japanese.pdf

チャージの方法(Top Up)

Mykiの残高が不足してきて、カードにチャージすることを”Top Up“と言います。

Myki Topup Machine

Mykiカードをリチャージ

Top Up可能な場所は、主に
 – 駅、トラム停留所に設置されている機械
 – 駅の窓口
 – セブンイレブンや、Mykiサインのあるお店
です。
1日の運賃が8.8ドルですので、残高が減ってきたらTop Upしましょう。
現金、クレジットカードでもチャージ出来ます。
お財布の中に、コインが増えてきたかなって思ったときは、Top Upの時に使用すると便利です。

乗車運賃

毎年、運賃が値上がりしていて、今年は4.40ドル。(2019年現在)
1駅でも、10駅の乗車でも、料金は4.40ドル。
乗車した時間から2時間までは、4.40ドルで乗り降り可能。
電車やトラム、バスを何度利用しても、平日1日の上限は8.80ドルです。(週末は6.60ドル)

乗車運賃

トラムの乗り方

Myki Touch On

Mykiの機械

フリートラムゾーン以外でトラムに取ったら、まず、このみどりの機械にMykiカードをタッチします。
“ピピッ”と言う音が鳴ると、運賃の金額と、残金が画面に表示されます。
この音が鳴らないと、機会が壊れていることもあるので、他のみどりの機械を利用しましょう。
降りるときは、タッチする必要はありません。

 

電車へ乗るとき

フリンダース駅(Flinders Station)のような大きな駅は、自動改札になっています。
自動改札を通るときに、Mykiをタッチして通過します。
小さな駅には、自動改札機が設置されていませんが、トラムと同じような機会が設置されています。
必ず、乗降時にタッチするようにしましょう。

無賃乗車

トラムに乗るとき、日本のバスの運転手さんのように、一人一人がSuicaをタッチしたかなんて確認しないので、
もちろん、無賃乗車をしてる人もたくさんいます。
でも、たま~に、検査をする人たちが乗り込んでくることがあります。
そして、罰金を課せられることも。なので、乗車する際は、忘れずにMykiをタッチしましょう。

Mykiが購入出来たら、市内、市外観光へ出発しましょう!

おすすめ記事

コメント

*は必須項目です